氏。 TONY NGUYEN – EPLEGALの創設パートナー– IBA ASIA PACIFIC ARBITRATION GROUP(APAG)ウェビナーで講演します

Mr.Tony Nguyen will speak at the APAG webina

TonyNguyen氏がAPACウェビナーで講演します

2020年8月7日、EPLegalの創設パートナーであるTony Nguyen氏が、IBAウェビナー「仲裁の実務:国際仲裁における証拠の取得に関するIBA規則の詳細」で講演します。これは4のパート3です。 -パートウェビナーシリーズであり、IBA仲裁委員会の主要な仲裁実務家によってホストされています。

ウェビナーシリーズでは、各IBAドキュメントを詳しく見ていきます。
1.国際仲裁条項を起草するためのガイドライン
2.国際仲裁における利益相反に関するガイドライン
3.国際仲裁における証拠の取得に関する規則
4.国際仲裁における当事者代表に関するガイドライン

国際仲裁は、さまざまな異なる法文化の当事者と弁護士を結び付けることは周知の事実です。つまり、当事者の弁護士が互いに意見を異にする可能性があるという証拠の取得には一定の基準があります。したがって、IBA規則の発行は、証拠を取得するための効率的で経済的かつ公正なプロセスを提供します。

このウェビナーは、参加者に、文書の作成、証人および専門家の証拠、証拠のヒアリング、および証拠の許容性に関するベストプラクティスを提供します。彼の側では、トニーは、国際仲裁事件で採用されたIBA規則の範囲とともに、証拠の評価と許容性の問題に関する彼のコメントを共有します。

ウェビナーは、ズームプラットフォームを介して午後3時30分から午後4時45分(ベトナム時間)に開催されます。

このウェビナーシリーズの詳細については、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です